身体つくりに欠かせない
ミネラルの基礎知識

  1. トップ
  2. ミネラル基礎知識

植物性ミネラル フルボ酸

微量なのに不可欠

体内におけるミネラルの割合

人の体を構成する元素

身体を構成している成分の4%がミネラルです。 ※ミネラルは無機質ともいいます。
生命機能や生命活動に欠かせないのが酵素ですが、その酵素に不可欠なのがミネラルやビタミンです。 ミネラルやビタミンがないと酵素は働きません。 そしてビタミンもミネラルがないと有効に発揮することができません。

私たちの生命機能は、体内のわずか4%のミネラルにコントロールされています。

  • ビタミンが効果的に働く
  • 酵素が体内で効果的に働く
  • 代謝をサポート
  • 消化をサポート
  • 体内バランスを調整
  • エイジングケアサポート

などなど、体内でチームワークを持ってサポートしています。

ミネラルサークル

毎日必要

体内におけるミネラルの量は4%と大変微量ですが、 健康維持や体の成長には欠かせない五大栄養素の1つです。
ビタミンに注目がおかれていましたが、測定技術がすすむにつれミネラルの研究も盛んになり、 現代病の多くの原因がミネラルの欠乏であることがわかってきました。
体内の生命機能の維持、体調を整えるなどの他、骨や歯など身体の構成やエネルギーにも関わっています。

五大栄養素

ミネラルは体内で作ることができません

ミネラルは体では作れないため、食物から摂取する必要があります。
では1日どの位の量を食べればよいのかというと

「野菜不足」は、現代人の多くが気にしていることかもしれません。 便秘や肌荒れなどの体調不良や生活習慣病を防いで健康を保つには、野菜に含まれるビタミンやミネラル、 食物繊維などが必要不可欠です。

現代人はミネラル不足

ミネラルサイクルの変化

ミネラルは体内では作ることができない栄養素です。 植物は土壌、動物は餌、人間は食事と外から取り込む必要があります。

食物連鎖

ミネラルサイクルが正常に行われると大地にミネラルが補われ、 肥沃な土壌によりミネラルの豊富な農作物や植物が生産されます。

正常なミネラルサイクル

食物連鎖の破壊

ミネラルサイクルが断ち切られ、大地にミネラルが戻らなくなると土壌は枯れていき、 ミネラルの少ない農作物が生産されていきます。

破壊したミネラルサイクル

合理的な農業を続けた経済発展国ほどミネラル不足に

化学肥料と農薬で合理的な農業を実現し、大量の農作物を生産し、食糧として利用してきた現代。 とうとう土壌のミネラル含有量は50年で約80%と減少し、 その土壌で育った農作物のミネラル含有量もどんどん減少傾向にあり、現代人はミネラル不足に陥っています。 合理的な農業を続けた経済発展国ほど、ミネラル不足による健康問題が発生しているとも言われています。

過去50年間における食物の鉄分減少率は、ほうれん草で約85%、トマト約96%、 りんごは100%と大幅に減少していることがわかっています(食品成分分析調査)。1970年代にアメリカ農務省は 「アメリカ人全ての年齢層の99%はミネラル欠乏症である」と発表しています。 また、1992年アースサミット・レポートでは、 約100年前と下記の割合で世界各地の農地のミネラルが枯褐していると報告しています。

世界の農地ミネラル含有量

野菜のミネラル含有量の比較

農作物のミネラルが減少傾向のため、食生活では不足しがちのミネラル。
アメリカ上院議員文書 (第 264号)には
「何百万エーカーの土地で耕作されている食物にはある一定量のミネラルが含まれておらず、それをいくら沢山食べたとしても、我々はその栄養素を摂ることはできない。食べ物の価値には大きな開きがあり、あるものは食べ物としての価値がない程である。」と書かれています。

「すべての病態、すべての疾病、すべての病気を追求するとミネラル欠乏にたどりつく。」
これは、量子化学者でノーベル賞2回受賞しているライナス・ポーリング博士の言葉です。

私たちの生命機能は、体内のわずか4%のミネラルのサポートを必要としています。

ページトップへ